ビールの起源とビールの瓶が茶色い理由はなぜ100gのカロリーは???

ビールの瓶が茶色い理由は知ってる

wil-stewart-UErWoQEoMrc-unsplash.jpg

夏風呂上がりの冷えたビールののどごしはまた格別ですよね


今は世界中で日本のビールが飲めるほど各国に輸出していますが


ビールが日本にもたらされたのは


江戸時代半ばで正式には輸入さ始めたのは明治時代になってからです


このビールの入ってる瓶はなぜ濃い茶色をしてるのかご存知でしょうか


ビールはよく知られているように麦芽水を加熱し糖化させて、それに苦味と芳香のあるつる草=ホップで風味をつけて発酵させたものですが


こういう自然のものは直射日光に当たると変色臭いしてくるそうなので、


そのためビール瓶の茶色は直射日光を避けるために色付けされているのです


濃い色は日光を遮る効果があります


同じようにブランデーの濃い緑色があります


また


その日本酒も昔は直射日光を避けるように紙に包んでありました


ワインは冷暗所に置けと言われワインクーラーは地下室にあることが多いですよね 。

ビールの100gのカロリーは 

黒ビールで45.9 kcal

ビール・淡色39.9 kcal

ビール・スタウト39.9 kcal


ビールの起源と深い豆知識を探りたい方はどうぞ!!!
ビールの豆知識


にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村


この記事へのコメント