ヤマダ電機が大塚家具を救済か?親族経営の成のはて・・・

親族経営の末路 大塚家具はヤマダ電機の傘下に

mitchell-gaiser-hSisXFp-kHs-unsplash.jpg

大塚家具が決断したもようっていうか

決断でなく 身売りでしょうね。


娘の決断に父「残念です」 大塚家具がヤマダ電機傘下に


記者会見の席で・・・

大塚久美子社長
「おかげさまで、黒字まであと1歩というところまで来ることができました。そして、さらに新しい大塚家具を発展させるために、ヤマダ電機様との提携を決めました」っとおっしゃておりますが・・・

誰が見ても大塚久美子社長は 経営に行き詰まっていた事はわかる。


1969年、埼玉・春日部市で久美子氏の父・大塚勝久氏が創業した大塚家具

高級家具を販売に業績を伸ばして会社をここまでのブランドに育ててきたが

2015年にお家騒動が勃発!

大塚勝久氏「低価格帯の家具販売店を意識したら間違う」

大塚久美子氏「今のスタイルというのが、本当に適合しているのかどうか」

経営方針をめぐり、娘の久美子氏とお家騒動が勃発。

大塚勝久氏「悪い子どもを作った」

結局、大塚家具から父親を追い出し、久美子氏が2代目社長に就任。

高級路線からカジュアル路線にかじを切った。


2019年4月、関係修復の動きも見られたが、大塚家具の業績は悪化の一途をたどっていた。

そして、12月12日ヤマダ電機の傘の下に入ったことを公に記者会見でお披露目!!!

ここにまで経営不信をままねいても大塚久美子社長は
「引き続き頑張って、貢献をしていきたいと思っております。(父の勝久氏に相談はした?)事前に伝えております」


大塚家具が新たに発行する株を、およそ40億円でヤマダ電機が買い取る形で、その子会社となることが発表された。

社長は、久美子氏が続投。

その後、ヤマダ電機山田会長は大塚社長に「チャンス与える」と言ってた。

大塚家具の事実上の“身売り”について、勝久氏は「残念です」と話しているという。

israel-palacio-ImcUkZ72oUs-unsplash.jpg

さあ~家電量販店と家具の融合だ・・・
1年後の大塚家具が気になる。社長もね!


ザッツの感想

勝久氏の心の中はわからないが、親としての気持ちと、経営者としての心構えが何処かで狂ってきたのでしょうね

親族 同族経営は本当に複雑に絡み合うのでこのような波乱が 起きるべく置きたのでしょう。

娘を最高の語学を受けさして、その後自身の会社(大塚家具)跡継ぎに経営に参加させて、

勝久氏は少なくても自身の経営哲学とノウハウを数十年教えてきたと思うが、

その経営方法を巡って 娘が反抗して反乱をお越し 勝久氏は自身が育ててきた大塚家具を追い出されたのだよね!

娘を賢く育てたつもりが、違った意味で賢く育ててしまったのでしょう。

大塚家具の従業員は お家騒動前とその後・ヤマダ電機の傘下に入ることは どう受け止めてるのでしょうかね! 


この記事へのコメント