シャーロック・ホームズは暇つぶしから書いた小説がベストセラーに!


「緋色の研究」暇つぶしから生まれた!シャーロックホームズの小説



mystery-2801788_640.png




コナン・ドリルといえば、シャーロック・ホームズの名前が、頭に浮かぶと思います。


彼が書いたシャーロック・ホームズがの物語は全部で60編


シャーロック・ホームズという名前は


アイルランドの村(シャーロックスタウン)と彼が好きだった詩人で


医学者のオリバーウェンデル・ホームズから得たものです。


コナン・ドリルは


もともと医者でしたが、開業したものの患者が一人もやってこなかったので


暇つぶしに、冒険小説などを書いていきました。


そんなある日、ポーが創造した探偵を作り出してやろうと


あれやこれと考えていた、ドリル


ふと恩師ベル博士を思い出しました。


そうだあの外科医が探偵になったら


素晴らしい小説ができるんじゃないかなあと思い


こうして生まれたのが、シャーロック・ホームズ


最初の小説「緋色の研究」はベストセラーになりました。


しかし


edo-nugroho-y890Y_WuItw-unsplash.jpg


原稿買取だったため


ドリルをわずかなお金しか手にできなかったといいます 。




にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

"シャーロック・ホームズは暇つぶしから書いた小説がベストセラーに!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。